写真撮影ができる会場にしてください

大切な想い出を残すためにはビデオ撮影や写真撮影をする必要があります。
結婚式場によっては小さな子供が泣いてはいけないという理由で、写真撮影などが禁止されているところがあります。
それでは、記念品を残すことができないので、大人だけしか招待しない場合は撮影可能な会場を借りるようにしましょう。
フラワーシャワーなどといった演出もプランのなかに含まれていると幸せな気持ちになれますし、誰もが安心して新郎新婦を見守ることができます。
当日は晴れるとは限りません。
梅雨の時期に挙式をするとなると、雨が降る確率が高まるので、できれば雨や風が吹いてもしっかりとスタッフが対応してくれるところで挙式をしてください。
あまりにも不安であれば、直接会場のスタッフに問い合わせて会場の雰囲気を自分自身の目で確かめてみましょう。
見学をするときは、式場だけではなく、ゲストと一緒に食事をする披露宴会場の視察も行って、当日の雰囲気を感じ取ってください。

花嫁様にぴったりのお衣装をご提案します。

ご成婚までしっかり応援!

アナタにぴったりの純白を。

最新記事